解析サービスご依頼方法

解析サービスのご依頼方法

HOME > ご依頼方法

解析サービスのご依頼方法

サンプルが多数の場合や「乳び」の場合、測定・解析が混み合う時期は、納期が長くなることがございますので、予めご了承下さい。

LipoSEARCH 解析依頼書のダウンロード

以下より依頼書をダウンロードし、お客様情報、サンプル情報、解析項目等をご記入下さい。
解析依頼書ダウンロード

記入済みの依頼書を、サンプル発送前に弊社へE-Mail: info@skylight-biotech.com にてお送り下さい。

また、プリントアウトした依頼書を、サンプル送付時に同梱して下さい。

解析サービス料金表

解析料金は以下の価格表をご参照ください。

ご用意いただくサンプルの種類、量、条件

血清または血漿

原液で、ヒトサンプル:45μl 以上、動物サンプル:35μl 以上 をご用意下さい。

採血後 4℃冷蔵にて1週間以内、または凍結にてご発送下さい。

冷蔵サンプルは、保冷材同梱のうえ、クール便・冷蔵にて、凍結サンプルは、ドライアイス同梱のうえ、クール便・冷凍にてご発送下さい。

※上記以外の特殊サンプル(細胞培養上清や脳脊髄液等)の測定を希望される場合は、個別に お問い合わせ 下さい。

血清分離方法の例

採血後30分室温に置き、氷冷後3000回転 (4℃) で15分間遠心してください。脂肪負荷サンプルなどにおいてはカイロミクロン等が浮上し、その固化が見られるので充分にピペッティングを行ってください。分離剤入り採血管をお使い頂くと血餅と血清の間に分離剤が入り、ピペッティングが容易になります。その後発送時まで、冷蔵または冷凍庫で保管してください。

血漿分離方法の例

血漿分離用チューブ(凝固因子阻害剤入り)で採血後、チューブ内の阻害剤を血液と十分に反応させるために、軽く転倒混和して、氷冷後、3000回転15分(4℃)で血漿が分離されます。脂肪負荷したサンプルの場合、血漿中の脂肪成分を均一にするため、分離剤入り血漿分離用チューブを用いて上記の操作を行ってください。その後発送時まで、冷蔵または冷凍庫で保管してください。

注意事項

凍結融解を繰り返したサンプル、または長期間凍結保管したあるサンプルでの解析をご希望される場合は、事前にお問合せ下さい。

抗凝固剤にヘパリンを使用している場合は、事前にご相談下さい。

サンプル量が上記より少量の場合には、希釈により測定できる場合もございますので、事前にお問い合わせ下さい。

病原性を有すると思われるサンプルの場合、事前に当社担当までご連絡下さい。

凍結融解の影響

サンプルの凍結融解を繰り返すと、測定数値に影響が出る可能性がございます。

※ヒト血清検体・各3回測定

Page Top