リポタンパク質 - 機能と代謝

リポタンパク質について

HOME > リポタンパク質について

リポタンパク質とは?

リポタンパク質とは、血液中において水に不溶な脂質を、吸収部位や合成部位から使用部位へ運搬するための複合体粒子です。 粒子の外側には親水性のリン脂質や遊離コレステロール,アポリポタンパク質が、粒子の内側には疎水性のコレステロールエステルや中性脂肪の脂質成分が粒子の大きさ、比重の違いにより、カイロミクロン(Chylomicron)、VLDL(Very Low Density Lipoprotein)、LDL(Low Density Lipoprotein)、HDL(High Density Lipoprotein) の主要4分画に分類されています。

リポタンパク質詳細分画(サブクラス)については、 こちら を参照下さい。

リポタンパク質の代謝

リポタンパク質の代謝は、外因性経路と内因性経路の大きく2つに分けることができます。

外因性経路
食事由来の中性脂肪等の脂質は小腸から吸収され、CMとなり全身の組織へ運ばれます。 CMが内部に含む中性脂肪はリポタンパク質リパーゼ(LPL)により分解され、粒子が小さくなり、コレステロールに富んだカイロミクロンレムナントになり、やがて肝臓へ取り込まれていきます。

内因性経路
肝臓ではコレステロールと中性脂肪が合成され、VLDLが形成され血中に分泌されます。このVLDLはLPLにより代謝されIDLとなり、更に肝性リパーゼ(HTGL)の作用を受けLDLへ代謝されていきます。LDLは末梢組織にてLDL受容体を介し取り込まれ、コレステロールを供給します。役目を終えたLDLは肝臓に取り込まれ回収されます。

一方で、コレステロールを末梢組織から引き抜き肝臓へ輸送する「逆転送系」が存在します。この経路の主役はHDLです。小腸や肝臓で作られた新生HDLは、末梢組織からABCA1というトランスポーターにより遊離コレステロール(FC)を引き抜いて取り込みます。HDL中の遊離コレステロールはレシチン・コレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)によりエステル化され、コレステロールエステル(CE)となります。このコレステロールエステルは、コレステリルエステル転送タンパク(CETP)により、VLDLやLDLに含まれる中性脂肪と交換されます。成熟したHDLは肝臓でのHDL受容体を介して取り込まれます。

Page Top